HOME < 強くなるために始めたサバゲ

他のエアガン競技にも参加してみよう

最初はただサバイバルゲームを楽しむだけでも満足することができていました。ですが、続けているうちにエアガンそのものがどんどん好きになっている自分に気づきました。
もともと、私はオタク気質ですので、どんどんのめり込んで行きました。

最初に買ったものをずっと使い続けたいと思っていた私でしたが、気づいたらハンドガンを中心にいくつものエアガンを購入していました。
そして、次第に自分好みにカスタムするようにまでなっていました。

こうしてエアガンのカスタムについて調べているうちに「レースガン」というものの存在を知りました。ダッドサイトなどさまざまな装備を施したエアガンがとても魅力的に見えて、調べているうちにサバイバルゲーム以外のエアガン競技のことを知りました。

そこで、私もせっかくエアガンを手にしているのですからサバイバルゲーム以外のエアガン競技にも参加してみることにしたのです。

◆意外と多い?さまざまなエアガン競技に挑戦!

いろいろと調べているうちに、私は「スティールチャレンジ」という競技の存在を知りました。もともとはアメリカなどで行われている実銃の競技をエアガン用にアレンジしたものです。ルールはいたってシンプルなもので、数メートル先に設置されたいくつかの鉄板をすべて撃つ速さを競う競技です。

動画サイトで競技の様子がアップされているものを見て、あまりの速さ、そしてかっこよさに興奮してしまいました。

そこで、私はまずこのスティールチャレンジに挑戦してみることにしました。

もちろん、いきなり競技大会に参加することはできません。そこで、庭にダンボールなどを使用して擬似スティールチャレンジステージを作って練習をはじめてみました。
もちろん、専用のタイマーなどもありませんので、正確なタイムを計ることはできません。ですが、練習を重ねてゆくにつれて少しずつタイムを縮めることができ、どんどん楽しくなりました。

ハンドガンのうちの一つをスティールチャレンジ仕様にカスタムするといった過程も楽しむことができました。
現時点ではまだ本格的な大会に出場することはできていませんが、いずれは参加してみたいと考えています。

また、人気の高いエアガン競技の一つとして、今後参加してみたいと考えているのがAPSです。これは、オリンピックの射撃のようなスタイルで行う精密射撃の競技になります。
通常のエアガンではなく、専用の競技中でなければ参加できないのですが、かなり高い技術が要求されるようです。

一度シューティングレンジで競技銃を撃たせてもらったことがあるのですが、非常に精度が高く、そして撃つのに非常に集中力が要求されます。
ただの的当てと言われてしまえばそれまでですが、大会で勝つには非常に高い技術と集中力が要求されます。
まだ競技専用の銃すら持っていない私ですが、いずれは手に入れて練習を重ねた上で、大会に参加したいと考えています。

このように、エアガンを仕様した競技はサバイバルゲーム以外にもさまざまなものがあります。エアガンに興味はあるものの、サバイバルゲームに参加するのはちょっと怖い、という方はこういった競技に参加してみてはいかがでしょうか?きっと楽しめるはずです。