HOME < 強くなるために始めたサバゲ

まだまだ必要なアイテムがある

なんとかアサルトライフルとハンドガンをチョイスすることができました。ですが、これだけでサバイバルゲームにすぐに参加できるわけではありません。
まだまだ必要なものがあったのです。

正直すでにかなりのお金をつかっています。もともとそんなに余裕のある生活を送っているわけではありませんので、少しだけ心が折れそうでした。
ですが逆にこれだけ使っているのですがすべてを揃えてしっかりとサバイバルゲームに参加しなければなりません。
そんな義務感を持って、一気にサバイバルゲームに必要なアイテムを揃えてみることにしました。

◆自分の身を守るためのゴーグルは必須アイテム

まず、フィールドに出る際にかならず必要となるのが、ゴーグルやフェイスマスクです。いくらプラスチックのBB弾でも目に当たってしまうと失明の恐れがあります。そんな事態を防ぐために必要なものです。
ほとんどのフィールドで、ゴーグルやフェイスマスクを着用しなければゲームに参加することはできません。

ネットで検索をかけてみるとさまざまな価格帯のものが販売されていました。中には1000円以下で購入できるものも少なくありません。
ですが、自分の身を守るためのアイテムですのでここは妥協すべきではない、と考えて最終的に国産メーカーの5000円程度のフェイスガードを購入しました。目を保護するだけでも問題はないのですが、やはり顔はデリケートな部分ですので弾がヒットするとアザなどができてしまうこともあるようです。
そのため、顔全体を覆うことのできるものをチョイスしました。

◆サブマガジンやバッテリーもやっぱり必要?

続いて購入したのは、必需品というわけではありませんがあると便利なサブマガジンや予備バッテリーです。私が購入したアサルトライフルは電動ガンですので、フルオートで高速の連射が可能となっています。
ですが、ずっと連射を続けているとすぐに弾がなくなってしまうのです。そして、バッテリーの消耗も早くなってしまいます。

フィールドで敵チームと対峙した時に弾切れやバッテリー切れになってしまっては戦うことができません。そこで、予備のマガジンやバッテリーもやはり必要となるのです。

アサルトライフルの中でもM4は定番で、その中でも特に使用者の多い国産大手メーカーのものをチョイスしましたのでサブマガジンもバッテリーも、思っていたよりも安く購入できました。メーカー純正品ではありませんが、特に問題なく使えています。

実際にフィールドでバッテリーを交換しなければならない場面はそれほどありませんが、サブマガジンは大活躍してくれています。電動ガンを使用する方は必ず手に入れておくべきでしょう。 特に、私は初心者ですのでつい無駄に弾を撃ってしまう傾向にあります。なので、サブマガジンを常に3つ携帯しているほどです。

これらのアイテムを手にいれることができれば、もういつでもサバイバルゲームに参加することができます。
私も、この段階でフィールドデビューを果たしました。本当はウエアも揃えたかったのですがこの時点で10万円以上をつかっていましたので、そこまでは手が出ません。ですが、近年ではカジュアルなスタイルで参加できるフィールドも多くなっていますのでそれほど困ることはないでしょう。