HOME < 「モテ男」の特徴とは?

女性に敬意を払っている

真のモテ男は「女性に対して敬意を持っている」ことをご存じだったでしょうか。男性の方が上という古い考えは持たず、常に対等であり、女性の良いところを敬う。そんな素晴らしい男性にあなたもなってみませんか?

◆モテ男は何回も女性で失敗している

年齢や性別問わず、相手を理解し、敬うことはとても大切なことです。同時にとても難しいことであり、世の中の全員ができることではありません。人間としての大きな器が無ければ不可能でしょう。

本当にモテる男はルックスや性格でモテているのではありません。上述のように、相手女性を理解し、敬っているからモテるのです。そんな人間として素晴らしい男性に魅力を感じるのは言うまでもありません。

器の大きな男になるためには、それなりの「経験」が必要になります。女性を理解するためには「恋愛経験を積む」ことが何より近道であり、何回も失敗することで、次第に女性というものがわかるようになってきます。必ずしも付き合う必要はなく、気になる女性とコミュニケーションを取るだけでも成果が生まれます。

それにより、女性の「嫌な部分」が見えてきます。同時に女性の「素晴らしい部分」も見えてくるようになるのです。両方を知っているからこそ、本当の意味で女性を理解し、敬うことができるようになります。

今となっては器の大きな男性も、若い頃は女性で何回も失敗しています。これからモテ男を目指す非モテ草食系男子の方は、失敗することをあたりまえとして、積極的に女性と交流を取らなければなりません。「女で失敗」することは、モテ男になるために必要な経験です。

◆「好意の返報性」を知る

あなたは「好意の返報性」という言葉を知っていますか?これは、自分自身に好意を持ってくれる人に対して自然と好感が沸くというもので、ビジネスなどによく使われる言葉です。

女性を理解し、敬っている男性は女性から好印象を受けることが多いです。なぜなら、相手側の女性は、好意の返報性によって「なんて心の広い男性…」と感じるからです。器の大きさをアピールすることができるだけなく「女性側からも尊敬」される機会も多いのです。相手を敬って損をすることはありません。

逆に、「女性を見下している男性」がいるとしましょう。男性の中では意外と多く、女性が最も嫌う男性のタイプですが、そのような男性がモテることは絶対にありません。悪意や敵意を振りまいている人に好意を向ける人などいないからです。自分のことを嫌っている人がいたら、その人のことは自然と嫌いになるものですから。

このように、モテ男になるためには女性を知り、敬意を持って接することが必要となります。いきなり女性に対する考えを一新するのは難しいでしょうが、まずはできることから始めてみましょう。