HOME < ノブナガの失敗談

あまり慎重すぎるのも良くないのかも…

私は恋愛上手になろうと思い立ち、さまざまなことにチャレンジしてきました。その中で、ある程度自信を持つことができるようにもなったのですが、失敗の経験も重ねてきたことによって、慎重になることも覚えました。
しかし、女の子をゲットするために最終的に重要となるのはバランス感覚です。あまりに無鉄砲に行動してしまっても失敗を招いてしまいますし、慎重になりすぎてしまっても同様です。
今回は、慎重になりすぎてしまったがために失敗してしまった体験談をお話したいと思います。

◆大胆に行動して失敗したので…

合コンでちょっと大胆に行動しすぎてしまって失敗してしまったことがありましたので、次は慎重に行動しようと私は思いました。
そんなタイミングで職場の同僚から次の合コンの話がやってきました。
さっそく慎重アプローチを実践するチャンスです。以前は下手に自信をつけてしまったせいでちょっと強引に女の子を口説こうとして逆にひかれてしまいました。
ですので、すこし控えめに、抑え目に女の子にアピールして行くことにしました。

今回の合コンは3対3の居酒屋です。そこそこ好みのタイプの女の子が揃っていましたのでテンションが上がりそうになってしまいました。しかし、前回の失敗のことを思い出し、気持ちを静めました。

◆その場の空気を読まずに

女の子たちもとてもノリが良く、会話はとても弾みました。しかし、ここで調子に乗ってはいけないと思い、できるだけアピールは控えめにしようとしました。 しかし、この想いがあまりにも強すぎたことから次第に無口になってしまいました。これではその場の雰囲気を盛り下げることになってしまいます。 次第に盛り上がっていた合コンはどんどん沈んで行き、最終的にはみんな無口になってしまいました。
私の空気を読まない行動が仇となり、合コンそのものを完全に沈ませてしまう結果になりました。
せっかくセッティングしてくれた友人にも、来てくれた女の子にもとても申し訳なく、なんとも情けない気持ちで帰宅しました。

この合コンから学んだことはバランス感覚の大切さです。私はちょっと極端な性格をしていますので、このバランスをとることをあまり考えていませんでした。 合コンの場合は常に周囲の空気を読んで、あまり調子に乗りすぎず、だからといって慎重になりすぎないようにしなければなりません。
自分一人の失敗ならまだ良いですが、合コンそのものを潰してしまっては周囲の人にも迷惑をかけてしまいますので、注意するようにしましょう。