HOME < アウトドアで男を磨け!

いろんなソロキャンプの楽しみ方

アウトドア、特にキャンプにはさまざまな楽しみ方があります。世の中にはさまざまな趣味がありますが、その中でもキャンプは特に自由度が高いのです。
特にソロキャンプであれば、他の人のことを気にする必要がありません。なので、さらに楽しみ方の幅は広くなります。

しかし、このように楽しみ方の幅があまりにも広すぎることから、逆にどんな風に楽しめばいいのかわからない…そんな方もいらっしゃるのではありませんか?
そこで、ここではいろんなソロキャンプの楽しみ方の例をお話してみたいと思います。これからソロキャンプに挑戦してみたい!という方の参考にしていただければ幸いです。

◆一見ムダにも思えるような贅沢な時間を

私の場合、ソロキャンプへ行く時には、あえて予定を立てないようにしています。周囲に観光地のあるキャンプ場などへ行っても、観光の予定などを立てることはほとんどありません。
せっかくキャンプへ行くのにもったいない…そんな風に思われる方も多いかもしれません。ですが、予定を立ててしまうと、それを「こなさなければならない」という気持ちになってしまいます。自分で建てた計画に急かされるような気持ちになってしまい、純粋にソロキャンプを楽しめなくなってしまうことがあります。
旅行などへ行った際に、スケジュールに追われて、ゆっくりとリフレッシュするための旅行で逆に疲れてしまった…そんな経験をしたことはありませんか?キャンプだって同じことなのです。

なので、結果としてソロキャンプに行って何もしなくてもいいのです。忙しい現代社会の中で生活を送っている私達にとって、こういった過ごし方こそ、もっとも贅沢で有意義なものだと思いませんか?
なので、自然の中でお気に入りの本を読むだけで一日が終わってしまった…なんてこともあります。特に料理などもしたくないな…という気分の時はパンやコンビニのお弁当を買って行って、現地で食べる、なんてこともあります。これは一般的なキャンプのイメージとはかなり異なっているかもしれません。ですが、これもソロキャンプの楽しみ方の一つなのです。

◆宿泊手段としてのソロキャンプ

ふと遠くへ行ってみたい…そんな気分になってしまうことはありませんか?旅行となれば、前もって予定を立て、宿をとって…といった手間がかかります。そこで億劫になってしまい、結局は出かけない…なんて方もいらっしゃることかと思います。

そんな時にもソロキャンプは便利な手段です。私の場合、車で行けるところまで行って、暗くなりはじめるとキャンプ場や、テントを張ることのできる場所を探してそのまま宿泊してしまいます。この方法であれば、わざわざ宿の予約をする必要もありません。思い立ったタイミングですぐに出かけることができますし、好きな場所に宿泊することができるのです。
キャンプというと身構えてしまう方も多いかもしれません。ですが、単なる宿泊手段だと考えると、もっと気軽に楽しむことができるかもしれません。

ソロキャンプにはいろんな楽しみ方があります。一人の場合、特別なルールなんてありませんので、あなたの思うように楽しんでみましょう。そうすればあなたも立派なソロキャンパーです。