HOME < ピンポイントで気合いを入れて

ピンポイントで気合いを入れて

ファッションについて考えるときに、全体のコーディネートを考えることが大切なのは言うまでもありません。
ですが、全身にあまり気合いを入れすぎてしまうと、ちょっと浮いた感じになってしまうかもしれません。そこで、ピンポイントでさりげなく気合いを入れてみてはいかがでしょうか?

私がいつもピンポイントで力を入れているのが腕時計です。全身のファッションは平凡なものであっても、手元にちょっとだけ力を入れることによって雰囲気を変えることができます。また、過剰にならない程度に個性やこだわりをアピールすることができます。

では、具体的にどのように腕時計を活用しているのでしょう?ここでは一部の例をご紹介してみたいと思います。
あくまで、私のやっていることですので、あなたの参考になるかどうかはわかりませんが…ちょっとだけ意識してみてください。

◆高級時計でさりげなくこだわりをアピール

まず、最初にあげるのがちょっとだけ高級な腕時計でこだわりをアピールするという方法です。超高級時計というわけではありませんが、私もロレックスやオメガといった誰もが知っているブランドの腕時計を数本所有しています。
これらをさまざまなファッションにさりげなく組み合わせることで「こだわり」をアピールすることができるのです。

高級時計というと、フォーマルなスタイルに合わせるというイメージを抱いている方も多いかもしれません。ですが、カジュアルなスタイルと組み合わせることによって、個性をアピールすることもできるのです。
かなりラフなスタイルでもオメガのスポーツタイプであればマッチします。ロレックスにしてもエクスプローラーやサブマリーナなどのダイバー系ウォッチはラフなファッションとの相性もかなり良いです。

◆話題のスマートウォッチで知的なイメージを

まだまだスマートウォッチは実用的なレベルに達しているとは言えません。大人気のApple Watchですら処理能力の遅さなどから、それほど「便利」と感じることはありません。

ですが今話題になっているアイテムですので、これをファッションに取り入れることによって、相手にちょっとだけ知的な印象を与えることができます。
また、話題に困った時に話のタネにすることもできるのではないでしょうか?最近ではかなり価格も安くなっていますので、あなたもチェックしてみてはいかがでしょうか?

◆あえてチープな腕時計で個性をアピール

高級時計ではなく、あえてチープな腕時計によって個性をアピールすることもできます。たとえば、数千円で購入できるデジタルウォッチの中には非常に個性的なデザインのものも少なくありません。特に、カシオのものは「チープカシオ」と呼ばれて、世界的にちょっとしたブームになっています。
価格帯的にも気軽に購入できますのでチェックしてみましょう。

バイアグラなどの薬品は絶対に本物をしようすべきですが、腕時計の場合はいわゆる「パクりデザイン」の安物が魅力的に見えることもあるのです。ためしてみてはいかがでしょう?

このように、同じ腕時計によって、目的やシーンなどによって使い分けることによってさまざまな印象を与えることができます。
あなたもピンポイントに力を入れて個性をアピールしてみませんか?